手がとどく 未来にとどく

ー HOME  CURRENT  HISTORY  DOWNLOAD  PUBLICATION  MEMBER  SUPPORT ー


マスコミ報道

  • 「プロジェクターの逆襲-「投影」の技術革新、IoT時代に“夢再び”」, 日刊工業新聞, 2015年6月10日(朝刊)
  • 「ConsistentDesk」, ワイドナB面(フジテレビ), 2015年11月8日
  • 「デジタルとアナログの間 #11 PALMbit」 マックピープル2009年6月号pp. 72 - 73
  • 「未来のリモコン」,未来予報201X(日本テレビ),2006年12月14日
  • 「PALMbit」,TV大阪ニューズBIZ(関西ローカル)2006年8月29日
  • 「魔法の手」,ワールドビジネスサテライト:トレンドたまご(テレビ東京),2006年8月24日
  • 「手のひらがリモコンに」,日経産業新聞,2006年8月8日
  • 「Remote control palmed off」,Bussiness Week Online,2006年8月8日

受 賞

  • SCI学生発表賞:榎本龍一(榎本龍一, 上田雄太, 新明拓也, 岩井大輔, 佐藤宏介, "バーチャルハンド混在環境における自ハンドの識別と所有感覚", 第60回システム制御情報学会研究講演発表会論文集(SCI'16), 325-2(6 pages), 2016) (受賞年月日:2016年5月27日)
  • システム制御情報学会奨励賞:松蔭瞭 (松蔭瞭,岩井大輔,佐藤宏介,"投影型遠隔教育支援システムにおける書類座標系に基づく机上書類位置制約の緩和," 第58回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'14),115-2 (5 pages),2014.)(受賞年月日:2015年5月21日)
  • 奨励賞(第3回リサーチフェスタ):松蔭瞭, "プロジェクタを用いた机上用遠隔教育支援システム",理数学生育成支援事業合同研究発表会(第3回リサーチフェスタ), ポスター番号13, 2014
  • 奨励賞(第3回リサーチフェスタ):新明拓也,"視触覚フィードバックによる上腕拡張ユーザインタフェース",理数学生育成支援事業合同研究発表会(第3回リサーチフェスタ),発表番号11,2014
  • 第52回自動制御連合講演会 優秀発表賞:杉田尚基(杉田尚基, 佐藤宏介, "爪画像を用いた指先の押下方向推定によるインタラクティブサーフェス", 第52回自動制御連合講演会, E6-4:1-E6-4:6, 2009.)(受賞年月日:2010年1月18日)
  • 計測自動制御学会第14回パターン計測シンポジウム優秀論文賞受賞:山本豪志朗,佐藤宏介 掌を介したインタラクションのためのプロジェクタ・カメラシステム 第14回パターン計測シンポジウム論文集,pp.39--44,2009.

論 文

  • 金森俊雄, 岩井大輔, 佐藤宏介, "重畳投影する手映像の位置ずれによる形状触知覚変調," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 20, No. 3, pp. 263-266, 2015.
  • 武内真梨奈, 五十川麻里子, 岩井大輔, 佐藤宏介, "影のメタファを利用したポインティングインタフェースにおける影の制約緩和による操作性の向上," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 19, No. 2, pp. 207-214, 2014.
  • 大野良介, 吉元俊輔, 佐藤宏介, "無装着入力インタフェースのための掌への指先押下の画像センシング," 映像情報メディア学会誌, Vol. 68, No. 7, pp. J285-J291, 2014.
  • 岡原浩平, 小川修平, 新明拓也, 岩井大輔, 佐藤宏介, "身体拡張型インタフェースのための前腕の投影表現に関する基礎検討," 日本バーチャルリアリティ学会論文誌, Vol. 19, No. 3, pp. 349-355, 2014.
  • Hsin-Ni Ho, Daisuke Iwai, Yuki Yoshikawa, Junji Watanabe, and Shin'ya Nishida, "Combining colour and temperature: A blue object is more likely to be judged as warm than a red object," Scientific Reports, Vol. 4, Article No. 5527, 2014.
  • Daisuke Iwai, Tatsunori Yabiki, Kosuke Sato, "View Management of Projected Labels on Nonplanar and Textured Surfaces," IEEE Transactions on Visualization and Computer Graphics, vol. 19, no. 8, pp. 1415-1424, Aug. 2013. (also presented at ISMAR 2013)
  • 綿谷亮, 岩井大輔, 佐藤宏介, "着座時揺動の同調傾向に基づく聴衆の興奮・退屈状態の計測," 電気学会論文誌C, Vol. 133, No. 4, pp. 706-712, 2013.
  • 笹尾朋貴, 日浦慎作, 佐藤宏介, 画素形状のランダム符号化に基づく超解像, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J96-D, No.8, pp.1778-1789 (Aug. 2013)
  • 武田祐一, 日浦慎作, 佐藤宏介, 符号化開口を用いたDepth from Defocusとステレオ法の融合, 電子情報通信学会論文誌D, Vol.J96-D, No.8, pp.1688-1700 (Aug. 2013)(第15回画像の認識・理解シンポジウム推薦論文)
  • Takahiro Mori, Ryohei Taketa, Shinsaku Hiura and Kosuke Sato, Photometric Linearization by Robust PCA for Shadow and Specular Removal, Communications in Computer and Information Science (CCIS), Springer-Verlag, vol. 359, pp. 211-224, 2013
  • 小川修平, 杉田尚基, 岩井大輔, 佐藤宏介, "EigenNail法における複数識別器による指先押下認識の改善とそのメニュー選択インタフェース応用に向けた基礎検討," 映像情報メディア学会誌, Vol. 67, No. 12, pp. J425-J433, 2013.
  • 山本豪志朗,徐会川,佐藤宏介,PALMbit-Silhouette: 掌シルエットに重畳表示による分散大型ディスプレイへのアクセス,映像情報メディア学会論文誌,Vol.62,No.12,pp.1988-1996 (2008).山本豪志朗, 佐藤宏介:掌への光投影を利用した身体インタフェース, 映像情報メディア学会誌, Vol. 61,No. 6,pp. 797 -804(Apr. 2007)

国際会議

  • Yuta Ueda, Yuki Asai, Ryuichi Enomoto, Kai Wang, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Body Cyberization by Spatial Augmented Reality for Reaching Unreachable World," in Proceedings of the 8th Augmented Human International Conference, pp. 19:1-19:9, 2017.
  • Yuki Asai, Yuta Ueda, Ryuichi Enomoto, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "ExtendedHand on Wheelchair", In Adjunct Proceedings of the 29th ACM User Interface Software and Technology Symposium, pp147-148, 2016.
  • Ryo Matsukage, Daisuke Iwai, Kosuke Sato, "Consistent Desktop Sharing Based on Document Coordinate System for Face-to-face Online Meeting," In Proceedings of ACM SIGGRAPH ASIA Emerging Technologies, Article No. 6, 2015.
  • Yuta Ueda, Daisuke Iwai and Kosuke Sato,"InstantReach: Virtual Hand Interaction using Smartphone", In USB Proceedings of IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality, S&T Demos 14, 2015.
  • Toshio Kanamori, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Manipulating Haptic Shape Perception by Visual Surface Deformation and Finger Displacement in Spatial Augmented Reality," In Proeedings of IEEE International Symposium on Mixed and Augmented Reality, pp. 190-191, 2015.
  • Marina Takeuchi, Mariko Isogawa, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, “Weak Perspective Shadow Interface for Seated User's Pointing on Large Wall Display,” In Proceedings of IEEE/SICE International Symposium on System Integration (SII), pp. 316-321, 2014.
  • Kohei Okahara, Shuhei Ogawa, Daisuke Iwai, and Kosuke Sato, "Camera Based Hand Recognition for the Graphically Extended Hand," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 120-121, 2013.
  • Shuhei Ogawa, Kohei Okahara, Daisuke Iwai and Kosuke Sato, "A Reachable User Interface by the Graphically Extended Hand," In Proceedings of IEEE Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp. 215-216, 2012.
  • Goshiro Yamamoto, Huichuan Xu, Kazuto Ikeda, and Kosuke Sato: PALMbit-Silhouette: A User Interface by Superimposing Palm-Silhouette to Access Wall Displays, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), vol.5611, pp.281-290, 2009. (In Proceedings of HCI International 2009, Part I)
  • Goshiro Yamamoto, Shunsuke Nanbu, Huichuan Xu and Kosuke Sato, "PALMbit-Shadow: Accessing by Virtual Shadow", ISMAR 2007.
  • Goshiro Yamamoto and Kosuke Sato,"PALMbit: A PALM Interface with Projector-Camera System", UbiComp 2007 Adjunct Proceedings, pp.276-279, Innsbruck, Austria, September Goshiro Yamamoto and Kosuke Sato, "PALMbit: A Interface using Own Palms",World Haptics 2007, HOD12, 2007.

研究会/シンポジウム

  • 浅井唯貴,上田雄太,岩井大輔,佐藤宏介,"拡張身体投影システムを搭載したスマート車椅子",情報処理学会アクセシビリティ研究会第三回,Vol.2017-AAC-3 No.14.
  • 上田雄太, 浅井唯貴, 榎本龍一, 新明拓也, 武村紀子, 岩井大輔, 佐藤宏介, "タブレット駆動型身体拡張インタフェース ~スタンドアローン型ExtendedHand~", 情報処理学会インタラクション2016論文集, pp.1004-pp.1009, 2016. 
  • 上田雄太, "バーチャルハンドインタフェースのための小型携帯端末をタッチする5指状態推定", 第4回サイエンス・インカレ研究発表会要約集, 発表番号44, p.49, 2015.
  • 青木芽衣, 渡邊淳司, 岩井大輔, 佐藤宏介, "身体プロジェクションによる触質感操作," NICOGRAPH 2015, P-08, 2015.
  • 佐藤宏介, 岩井大輔, 池田聖, 武村紀子, "ProCams-Based Cybernetics-プロジェクタカメラ系による身体と環境のサイバー拡張-," 研究報告コンピュータビジョンとイメージメディア(CVIM), 情報処理学会, Vol. 2014-CVIM-190, No. 49, pp. 1-8, 2014.
  • 新明拓也, "視触覚フィードバックによる上腕拡張ユーザインタフェース",理数学生育成支援事業合同研究発表会(第3回リサーチフェスタ), 発表番号11, 2014
  • 松蔭瞭, "プロジェクタを用いた机上用遠隔教育支援システム",理数学生育成支援事業合同研究発表会(第3回リサーチフェスタ)), 発表番号13, 2014
  • 松蔭瞭,"プロジェクタを用いた机上用遠隔教育支援システム,"第3回サイエンスインカレ研究発表会要約集,NO.219,p.174,2014.
  • 金森俊雄, "投影型複合現実感による疑似触力覚提示, "第3回サイエンス・インカレ研究発表会要約集,No.43,p.48,2014.
  • 新明拓也, "視触覚フィードバックによる上腕拡張ユーザインタフェース," 第3回サイエンス・インカレ研究発表会要約集, 発表番号149, p. 104, 2014.
  • 岡原浩平, 小川修平, 岩井大輔, 佐藤宏介, "投影身体モデルを利用した身体拡張型ユーザインタフェース", 第89回パターン計測部会研究会 資料, pp.1-7, 2013.
  • 山本豪志朗, 佐藤宏介, "動き制約のある掌シルエットがユーザの認知へ与える影響", 信学技法, Vol.108, No.282, pp.141-146, 2008.
  • 山本豪志朗, 岩井大輔, 佐藤宏介, "投影型複合現実空間における掌シルエットを利用したアクセスインタフェース", 第13回日本バーチャルリアリティ学会大会, pp.280-283, 2008.
  • 山本豪志朗,徐会川,佐藤宏介,PALMbit-Silhouette: 掌シルエットの重畳表示によるデスクトップアクセス,インタラクション2008論文集,pp. 109-116, 2008.

大会口頭発表

  • 榎本龍一, 上田雄太, 新明拓也, 岩井大輔, 佐藤宏介, "バーチャルハンド混在環境における自ハンドの識別と所有感覚", 第60回システム制御情報学会研究講演発表会論文集(SCI'16), 325-2(6 pages), 2016
  • 浅井唯貴, 上田雄太, 岩井大輔, 佐藤宏介, "投影バーチャルハンドを有するスマート車椅子", 第60回システム制御情報学会研究講演発表会論文集(SCI'16), 325-1(6 pages), 2016
  • 新明拓也,"身体拡張型ユーザインタフェースにおける触覚フィードバックによる拡張感への影響の調査",情報処理学会第77回全国大会講演論文集,発表番号4ZA-07,p.4-311,2015 
  • 青木芽衣, 渡邊淳司, 岩井大輔, 佐藤宏介, "身体へのテクスチャ投影によるなぞり触質感の操作," 第59回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'15), 313-1 (4 pages), 2015.
  • 上田雄太, 岩井大輔, 佐藤宏介, "バーチャルハンド操作のための携帯タッチ端末を使用した手指状態推定", 第59回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'15), 343-3 (4 pages), 2015.
  • 金森俊雄,岩井大輔,佐藤宏介,"重畳投影する指先映像の空間的ずれによる形状触知覚の操作",第59回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI'15),313-2,2015.
  • 新明拓也,岩井大輔,佐藤宏介,"距離画像計測に基づき触覚フィードバックを付与する投影型上腕拡張ユーザインタフェース,"第58回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'14),115-4 (6 pages),2014.
  • 金森俊雄,岩井大輔,佐藤宏介,"投影型複合現実感における身体重畳投影による Pseudo-Haptics 提示",第58回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'14),115-3 (4 pages),2014.
  • 三原翔一郎, 岩井大輔, 佐藤宏介, "投影対象面の反射特性の空間的不連続領域での高解像度カメラを用いた高精度色補正投影," 第56回システム制御情報学会研究発表講演会論文集, pp.357-358, 2012.
  • 岡原浩平, 小川修平, 岩井大輔, 佐藤宏介, "身体投影モデルインタフェースの操作性と身体の拡張感に関する研究", 第56回システム制御情報学会研究発表講演会講演論文集(SCI'12), pp.247-248, 2012
  • 山本豪志朗,佐藤宏介:"掌への光投影を利用した身体インタフェース", 平成17年度情報処理学会関西支部大会ビジュアルインフォメーション研究会,A-05,2005.